負荷心電図

心臓に負荷をかけて心電図を取るというものです。
負荷のかけ方には、階段昇降(マスター)、トレッドミル(ベルトの上を歩く)、エルゴメーター(自転車)
などがあり、基本は同じです。はるクリニック西小山では、エルゴメーターによる負荷を採用しています。

(心臓に)負荷をかけることで、安静の心電図では出てこなかった異常が見つかることがあるのです。
負荷をかけて、胸痛や心電図変化が出現するか
胸痛はなくても心電図変化が出現するか
不整脈(特に致死性の)が増えないかを見ることができます。