スパイロメーター:肺機能(=肺年齢)検査装置

息切れする、呼吸が苦しい、咳が出る、痰が出るなど、
肺の病気が考えられる時に行ないます。
肺の容積や、空気を出し入れする換気機能のレベルを調べる検査です。
肺の病気の診断、重症度などを調べるのに役立ち、治療効果の測定にも使われます。
気管支喘息の診断にも重要な検査で、手術のときの麻酔法の選択の時にも利用されます。
以下のような項目(肺気量分画)について調べられ、結果から肺機能(肺年齢)を診断します。

  • 肺活量…空気を胸いっぱいに吸い込んで、それをすべて吐き出したときに、どれだけ多くの空気を吐き出したかを調べます。
  • %肺活量…年齢や性別から算出された予測肺活量(基準値)に対しての、実測肺活量の比率を調べます。
  • 努力性肺活量…胸いっぱいに息を吸い込み、一気に吐き出した空気の量を調べます。
  • 1秒量…努力性肺活量のうちの最初の1秒間に吐き出された空気の量を調べます。
  • 1秒率…努力性肺活量に対する1秒量の比率を調べます。
  • 残気量…息を吐ききったあとに、なお肺内に残っている空気の量を調べます。


異常な場合に疑われる病気
肺結核、肺線維症、気管支喘息、気管支拡張症、肺気腫など、慢性の呼吸器疾患